お疲れ様でした

24日の夜。
パパの携帯に1通のメールが・・・
学生時代のバイト仲間からのメールだった。

「今月27日に、『はるな』が閉店するそうです。ご報告まで」

と言う内容だった。
『はるな』とは、パパが10年来通い続けていた居酒屋さん。
結婚してこの家に住み始めて、子供が生まれてからは
ほとんど行くことのできなかった『はるな』
今回ばかりは、子供をママの実家に預けて2人で行かなくては!!!とパパ。

パパは、響が生まれて以来、響や兜を預けてパパとママ、2人で
出かけたことはない。と言うか、それがとっても嫌な人。
でも、今回は、理由が理由。
2人で懐かしの居酒屋さんへ行くことに・・・

パパが学生の頃からお世話になっているこのお店。
25日に行ったのは、3年ぶりくらい。
ご主人もママさんも、お変わりなく、お元気でいらした。

何人かのお客さんもいらして、初めは定番の場所でパパは呑み
ママはお食事を頂くことに。

しばらくして、お客さんはパパとママだけ。
「写真とってもいいですか?」と聞くと
「27日以降に載せてね」と、了解を得た。
今までは、絶対にお断りしていたらしい。
ご主人とママさん二人三脚で24~25年、続けてきたお店。
手の届く範囲で、お店をやっていきたかったんでしょう。
ご主人の人柄と、ママさんの気さくな性格で
常連客の方も、みんないい人ばかりが集まる居酒屋さん。

人が一瞬、いなくなった瞬間に写真を撮らせてもらった。
b0132915_12222075.jpg

b0132915_12232873.jpg


お料理。
何を頼んでもどれも美味しい。
食べかけのもありますが・・・
上の写真で、店内が煙っていたのは、この「豚タンねぎ焼き」のせい。
b0132915_1225593.jpg


定位置で、感慨深げに1人で呑むパパ。
顔を合わせるたび、「ハァ・・・」のため息ばかり。
b0132915_12254666.jpg


でも、その後すぐに常連さんが。
と言っても、パパとママは、3年も来ていないんだもん。
知っている方は、ほとんどいない。
でも、その中の1人の女性が、私たちも知っている方とお知り合いだった。
すぐに携帯で連絡を取ってくださり、知っている女性とお会いすることができた。

話が弾み・・・
19時頃お店に来たのに、気づけば時間は23時過ぎ。
ママさんにも、「あんた、子供が気にならないの???早く帰りなさい」
と何度言われたか。
それでも、楽しくて仕方がないパパ。帰るわけがない。
それでも、ずうずうしく居座るパパに一言。
「まだ居たの???」
笑いが止まらなかった。
23時30分。いい加減、帰りますか。
次の日、パパは5時起きだからね。

本当に楽しい時間をありがとうございました。
そして長い間、本当にお疲れ様でした。


お店にはもう行けないけれど、ご主人とママさんとは
これからもいいお付き合いをしていきたいね。
と、願うとママでした。
[PR]
by azukimama | 2008-12-29 12:53 | その他
<< あけましておめでとうございます 完結 >>